やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 40歳代

【第13次応募作品】

窮屈な家で、羽伸ばせないって言ってたね
天界はどうですか
羽ばたいてますか?

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈エース沢村・東京都・42才・男性〉からの投稿

生まれた時から、また嫁いでからも物理的にせまい「家」、また精神的にも「家」という制度に縛られて翻弄されていた母がいた。実会話の続きを書いてみました。大いなる翔平(=大いに羽ばたいて天空で平和に過ごしている)を実現できているであろう母に祈りを捧げます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ