やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第13次応募作品】

無事に天国に着いたかな?
じいじの愛用の筆でお習字を始めたよ
上達したら見に来てね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈空・埼玉県・27才・女性〉からの投稿

離れて住む祖父が亡くなりました。祖父の葬儀で祖父が愛用していた習字の筆をもらい、それをきっかけに習字を始めました。字を書いていると亡くなった祖父と会話してるように感じることもできます。まだまだ上手だった祖父の字とは掛け離れていますが、いつか祖父のような綺麗な字をかけるようになりたいです。そしてそれを子供に繋げられるといいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ