やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ]の想い 女性 30歳代

【第13次応募作品】

白いまんま、持ってきたよ。
目を瞑っている間に、たぁんと食べてね。
私も一粒残さず食べて生くからね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈じつ・岐阜県・32才・女性〉からの投稿

祖父は病気の告知はされないまま入院となり、食事が取れなくなってから母に「白いまんまが食いてぇなぁ」「家に帰りてぇなぁ」と言っていたそうです。幼かった私にはその時の祖父の病状は分からず、何もしてあげられないままお別れとなってしまいました。幼いながらにも何もできなかった事を今でも悔やんでいます。今私にできることは、ごはんを供えてあげる事、残さず食べること。手を合わす時いつも食べれることの有り難さを祖父から諭されています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ