やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 男性 50歳代

【第13次応募作品】

祖先を想い
故人を偲び
そして子どもたちの幸せを願う

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈しょうよう・大阪府・50才・男性〉からの投稿

お墓で線香をあげるとき顔も知らぬ祖先の方々はどんな人達がいたのだろうか死をみっとた祖父祖母のことを思い出しその方々たちに私のどうしても手の届かないところで子どもたちを守って欲しいと思うその心を書きました

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ