やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[憧れていた年上の友]の想い 女性 40歳代

【第13次応募作品】

あなたの前では、イイ女でいたいから
メイクして、おしゃれして…
お線香は、パフュームのかわりです。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ゆきの・静岡県・44才・女性〉からの投稿

憧れていた兄的な存在の友が他界し、もうすぐ2年になります。生前彼は、登山(山岳救助隊も兼務)やカヌー、楽器にも親しみ、マルチな才能をお持ちでした。会うたびに私を励ましてくださったり、「いつも綺麗だね。」とお世辞を言ってくださったりしました。憧れていた彼の墓前に顔を出す時は、寂しい顔よりもイイ女でいた方が喜んでくださるのではと思っています。天国から「ブサイク!」と言われないように心身ともに精進したいと考えています。現在、彼のかわりにお嬢さん夫妻と年賀状のやりとりをしています。お嬢さんの幸せを見守っている私です。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ