やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第13次応募作品】

私の一番の味方でいてくれたおばあちゃん
おばあちゃんを思い出さない日はないよ
だって家族で私が一番おばあちゃん似だから

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈茶太郎・愛知県・38才・女性〉からの投稿

つらい時いつも相談に乗ってくれた祖母。最期は会えなかったけど、最近家族に祖母によく似ていると言われるようになりました。鏡を見るたびに祖母を想います。でも最後にもう一度話したかったなあ。結婚したばかりの頃はひ孫が生まれるのを楽しみにしてくれていました。今年結婚10年目で母になりました。天国でいつもの優しい笑顔で見守っていてくれると思います。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ