やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 40歳代

【第13次応募作品】

最近になって何故だろう?
特に父さんのことを考える
父さんの年齢を越して気を使ってるのか

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈のりダー・愛知県・46才・男性〉からの投稿

父は42歳で旅立ちました。ここさん、四年前から父のことをよく考えます。怖い父で、口数も少なく、旅行にも付いてくることは無かった。だからね思い出がほぼないから、考えることやなにしているのかなと思いをはせるしかないので、考えるという表現になりました

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ