やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第13次応募作品】

じぃちゃん、おはよっ!
今日は足の調子いいみたい。
試合、行ってきます!

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈蘭子・長崎県・17才・女性〉からの投稿

私は試合や旅行などで家を離れる日、祖父にお線香をあげます。祖父は私が生まれた時には既に亡くなっていました。私にとって、祖父は守り神のような存在です。幼い頃は病気になると祖父と同じ部屋で眠りました。怪我をすると祖父に泣きながら報告をしました。神社じゃないんだからと家族からは笑われます。それでも私には祖父がいつも見守ってくれていると思えるんです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ