やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 男性 50歳代

【第13次応募作品】

金もなく 失業中の この父に
文句も言わず バイトに励む わが子らよ
父ちゃん 就活 頑張るからな

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈上州旅人・福岡県・55才・男性〉からの投稿

ここ数年、定職に恵まれず、非正規の仕事で糊口をしのぐ生活です。その中でも大学生の娘、息子は愚痴も言わずにそれぞれがバイトをしながら大学に通ってくれています。未だ再就職の出口は見えませんが、彼らが支えになって前向きに求職を続けています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ