やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 50歳代

【第13次応募作品】

何があっても凛としてたお婆ちゃん
私も強い!強い!って言われるんだよ
でも婆ちゃんだって陰で泣いてたんだよね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈もちもち・福井県・53才・女性〉からの投稿

祖母は子供に先立たれたり等色々な事があってもいつも凛としていました。お婆ちゃん子の私は、そんな姿を見ていて自分も強くありたいと思っていましたが、祖母はきっと陰で辛さに耐えてないていたんだろうと今ならわかります

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ