やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[夫へ・妻へ]の想い 女性 30歳代

【第13次応募作品】

お茶の時間、さつまいもを食べた
夫婦2人でおならで
ブゥーブゥーと語り合う時間が大切

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈志村佑実子・東京都・34才・女性〉からの投稿

我が家には3時のおやつの時間があり、その時にさつまいもを食べておならをし合って、私は詩を書くのが大好きなのでその詩の感想を夫は「本名出すな」とか「露呈狂かよ」とか夫は自分自身の事を私と言い「私を悪く言わないで」とか女性の怒り方で怒り、私は「良いじゃん、もう恥さらしてるんだから」とか「本当の事じゃないし、本当にやってるの?」「悪く思ってないし人生のパートナーでおならも愛してるよ」とか言ってなだめてもブゥーブゥーおならをしながら怒ってる場面です。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ