やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第13次応募作品】

なぁ、こうして 手ぇ合わせとると
不思議と 気持ちが素直になるんよ。
ゆっくり話そうな、 お母ちゃん

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈おーちゃn・広島県・63才・女性〉からの投稿

生きているときには、時に反発することもあったけれど、自分が親の年を重ねるうちに母の気持ちもわかるようになりました。結婚して遠くに住むことになったのでゆっくり話をすることもあまりないまま、母が逝ってしまったのが心残りでした。こうして仏壇に向き合って、今までの分を語り合っています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ