やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[兄弟姉妹へ]の想い 男性 60歳以上

【第13次応募作品】

一度も会えなかった姉今どうしていますか?
父や母と一緒に空から見てくれていますか?
あるいは生まれ変わって身近にいますか?

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈団塊年寄高齢者・北海道・69才・男性〉からの投稿

今年2月2日はは姉裕子の没後70年の命日です。その一年後2月18日に生まれた私は姉の分も父母から愛情を受け育ちました。戦後とは言え姉の写真も遺品も何もなく父母は死ぬまで姉のことを語ることはありませんでした。それだけ深い悲しみだったのに違いありません。私も残り少ない人生を顧みてこの世で一度も会うことのなかった姉の70回忌に際し呼びかけてみました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ