やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第13次応募作品】

せっかくみんな集まったんだから
今日はしかめっ面なんてしないで
思い出話を聞いてあげてね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈はなお・北海道・37才・女性〉からの投稿

生きていた時はあまり聞いたことはなかったけど、亡くなった後は家族や親戚から生前の祖父母の思い出話をよく聞くようになりました。楽しい話もありますが、中には本人が聞いていたら、ちょっと嫌な顔をするかなと言うエピソードあり、実家に帰った時には仏壇前でワイワイ話をするのがお決まりになりました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ