やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父母、父へ]の想い 女性 30歳代

【第13次応募作品】

ありがとうございます
じいちゃんばあちゃんとうさんのおかげで
今日も生きれてる、揺るぎないことです

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈はむちゃん・秋田県・37才・女性〉からの投稿

母はいません。祖母、祖父、父が3年おきにゆきました。守るといった生家も、もうありません。諍いの耐えない家族でした、でも、お金で苦労したことが、今も昔もありません。よく働いた親たちでした。苦労して村一番の働き者でした。孫まで暮らせてます。生活が怖いと思わずに生きられることが、どんなに大事か母親になってわかります。母親になって、孫に教えていることのすべてもまた、祖父母と父が私に与えてくれたものからなんだと、わかるのです。言葉を失って、ただ、ありがとうありがとう、もう一言いうなら、死んだ人に心配かけるけど、ごめんなさい。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ