やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第13次応募作品】

お母さんのこと、ずっと憎んでてごめんね。
大変だったんだよね、今ならわかるよ。
いつか、そっちで仲良く暮らそうね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈まちゃぶう・青森県・54才・女性〉からの投稿

実母と仲がよくなかったのです。何につけても不器用だった母、この世界で生きていくのが、大変だったことでしょう。それを若い頃は理解出来なくて、反抗していたわたし。母に詫びと、育ててくれた感謝を届けたい。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ