やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 女性 30歳代

【第13次応募作品】

今日も無事に目が覚めました。
手も足もちゃんと動いています。
お話を聞いてくれていつもありがとう。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈はち・宮崎県・36才・女性〉からの投稿

目が覚めて生きていることのありがたさを失くした息子に教わりました。当たり前のようにみえて生きている奇跡を忘れないように、毎朝お線香をあげて話しかけています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ