やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[お義母さんへ]の想い 女性 50歳代

【第13次応募作品】

お義母さん孫達が社会人と大学生になります
二人の門出の日のお天気は心配していません
晴れ女のお義母さんが見守ってくれてるから

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈たきざわみう・東京都・50才・女性〉からの投稿

昨年義母が亡くなりました。嫁の私を本当の娘のように可愛がってくれ、二人の子供達の事もいつも気にかけてくれていました。孫二人の進路を見届ける事なく逝ってしまった義母に、そっと語りかけるつもりで書きました。生前から家族のここ一番の大事な日にはいつも義母の「絶対晴れる!」の言葉で本当に晴れにしてしまっていたので、今も大事な日には義母にお願いしています。今年の二人の門出の日も、きっと晴れると思っています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ