やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第13次応募作品】

お線香をあげて
ご先祖さんも新年の宴へ
いっしょに一年は、はじまる

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈おっちょこちょい子・大阪府・61才・女性〉からの投稿

明治生まれの父は、お正月にわたしら子供を集めて、まず仏壇に手を合わせ、お線香をあげてあいさつ、新年の宴をひらいてました。初抱負を言うのを楽しみしててかっこええいい顔をしてはりました

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ