やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 女性 30歳代

【第3次応募作品】

高熱の私のおでこに置かれた 小さな手
小さな天使がくれたのは
元気になるおまじない

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈愛・高知県・38才・女性〉からの投稿

何年かぶりにインフルエンザに罹り、高熱を出した私に娘が私のおでこに小さな手をのせて、早く元気になるようにと、おまじないをしてくれました。娘の優しさにいつも怒ってばかりの自分がとても恥ずかしくなりました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ