やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


選考委員賞受賞作品

[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第4次応募作品】

「あんたがしっかりしなさいね。」
言われた時は、笑って誤魔化した
けど、今では私の宝物です。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ひぃー・宮城県・46才・女性〉からの投稿

病で体調が芳しくない母が、頼りない私を心配して発した一言だったのだと思います。 その時は、笑って誤魔化したけど、今では私の心の支えであったり、励みだったり、激励になっています。あの一言は母の遺言だったんですね。 有難う お母さん。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ