やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[兄弟姉妹へ]の想い 女性 60歳以上

【第14次応募作品】

遺骨をはなびらと共に委ねた海へ来て
いくつもの煙を焚き 呟くの 白檀も
姉ちゃんも大好きだよと 何度も何度も、、

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈たかこ・熊本県・63才・女性〉からの投稿

姉がたった一人の身内でした 遺骨のやり場がなく、散骨業者の手配で海に散骨しました。逢いたくなったらお姉さんは何時でも海に いてくれますよという、お話を聞いて 明日は我が身、、、の私ですが 救われました海に行って 何度も何度も 線香をたき、たった一人の姉との思い出を語りあいます姉が好きだった白檀の香りに包まれて、、、

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ