やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 男性 40歳代

【第14次応募作品】

僕が二人の家を訪れた時だけケンカしない
だからお土産持って甘えに行ってたんだ
あと五十年待っててくれる?ケンカせずにね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈KOZO49・三重県・49才・男性〉からの投稿

二人とももうなくなって10年以上経ちますが、1年に2、3回夢に出てきてくれます。声も覚えています。帰る時にいつも畑の道に二人並んで見送ってくれていたことを思い出すだけで、ジワっときます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ