やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第14次応募作品】

いつも手を合わせればお願い事ばかり
明日からは、がんばる言葉を
お供えします。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ハリー・神奈川県・57才・男性〉からの投稿

父が亡くなって以来、ご仏壇に手を合わせれば、「〜を守ってください」とか、お願い事ばかりしていました。これでは、天国でも気の休まる暇がないでしょう。そのことに気づいたと共に、他力本願もやめ、明日からは、自分の努力目標などについて、手を合わせながら、お話し、したいと考え方を変えました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ