やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[亡き父へ]の想い 女性 50歳代

【第14次応募作品】

お父ちゃん、生きてる時より話すよね。
いつかそちらに行った時には褒めて下さい。
「今までよく頑張ったね」と。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ちいまま・和歌山県・56才・女性〉からの投稿

とても苦しく辛く悲しい日々が、特に2017年は続居ています。生きて行くのが情けなくなったり、難しいと涙を流す毎日ですが、この応募を機に、天国の父にいつか会った時に「今まで頑張ったね。」と褒めて貰える生き方をしようと考えることが出来ました。その事を三行詩にしました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ