やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[向田邦子様へ]の想い 男性 60歳以上

【第5次応募作品】

私は貴女のエッセイと小説が好きでした。
森繁久弥の言葉に貴女の一生が見えました。
花ひらき花香る 花こぼれなほ薫る

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈しゅうさんじん・岐阜県・61才・男性〉からの投稿

今年は向田邦子が亡くなって 三十三回忌を迎えます。一人の向田邦子ファンとして合掌したいものです。彼女の日常の生活の中にちりばめられている想いや感性に共感できるところがあって、どちらかというとエッセイが私は好きでした。命日には彼女のために一句読みたいです。まだできてませんが。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ