やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[夫へ・妻へ]の想い 男性 60歳以上

【第14次応募作品】

これも同情票のひとつだろうか
君の人徳のお陰だろう
いつの間にやら僕は良き夫だったとさ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈天王谷 一・徳島県・61才・男性〉からの投稿

評判になるようなおしどり夫婦でもなく、私自身も、情愛細やかな夫ではなかったの自覚がある。ところが、妻が57歳を一期として逝ってしまってから、何か非常に尽くした夫のように遇される。面映ゆい限りだが、これも亡き妻の人徳のお陰だ。本当に私にはでき過の伴侶であった。ありがとう。(遅すぎる)

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ