やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第15次応募作品】

祖母であり、親であり、親友でもあった
ばぁちゃんは一生の宝物。ここに姿、
形はなくても大好きだよ。ありがとう。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈なみ@チビッコ・千葉県・36才・女性〉からの投稿

1ヶ月の在宅介護の末に私の誕生日の翌日に亡くなった祖母へお線香をあげるたびに話しかけてる言葉です。たった1ヶ月だったけれど、介護をさせてくれた祖母に感謝の気持ちでいっぱいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ