やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第15次応募作品】

父親の写真に手を合わせる
もう誰も忘れてしまったかも知れないけれど
俺にとってはたった一人の父親だったから

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈将軍・京都府・59才・男性〉からの投稿

 父親が死んで、何も生きた証がない中で、誰も忘れて、口にしない中で、自分だけが毎日思い出している。それが親子かもしれない。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ