やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 50歳代

【第15次応募作品】

夏休み、祖父の家に大集合した従兄弟たち
家は無くなり、みんな忙しくなったけど
今もこうして、お墓の前に大集合してるよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈感王寺・熊本県・57才・女性〉からの投稿

子供の頃、夏休みになると、普段離れたところに居る従兄弟たちが、田舎の祖父の家に集まり、楽しい夏を過ごしました。みんな、大人になって、祖父母も亡くなり、家は取り壊されたけど、お盆になると、みんな、こうして、なんとなく、祖父母の墓前に集まってきます。すれ違いになる従兄弟もいるけれど、、優しく立ち昇る御線香が、忙しい中をぬって来てくれたことを知らせてくれます

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ