やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第15次応募作品】

早く迎えに来て、と会うたびに呟く祖母。
私は仏壇の前で密かに祈る。
おじいちゃん、もうちょっとだけ待ってと。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈鬼山・東京都・31才・女性〉からの投稿

祖母は年々亡くなった祖父に会いたいという気持ちが強くなっていっているが、私はもう少しだけ祖母と一緒に過ごしたい。がんの症状が進み、いつまで一緒に過ごせるかわからないが、一日でも長く生きてほしいと願いを込めて。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ