やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[ご先祖へ]の想い 男性 60歳以上

【第15次応募作品】

火をつけない線香に命を吹き込むように
一歳半の子が一本一本線香をあげていく
それから数珠を持つ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ひでじい・栃木県・66才・男性〉からの投稿

 仏壇でお参りする曾祖父の様子を見てきた子供(ひ孫)が、いつの間にか真似するようになったきた。(危ないので線香には火をつけない。) ご先祖様に、「ここまでつながってきています。」と写真を添えて報告しました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ