やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 50歳代

【第15次応募作品】

気丈にも女手ひとつで二人の子を育て上げた
墓碑銘の母と逢う 一心と捧げゆく祈りの
眼裏には今も浮かびつく貴女の紬衣姿が在り

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈耳成保一・鹿児島県・57才・男性〉からの投稿

伴侶を失っても気丈に女手ひとつで姉と私の二人を育て上げた母への敬愛心。今も家の箪笥奥には母の大切にしていた大島紬があり、墓碑銘の母と逢う度に眼裏に浮かびつく、紬衣をしなやかに着こなす母の姿。その想いを一心に詩に込めさせて頂きました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ