やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 40歳代

【第15次応募作品】

読経も戒名もいらないと言った宗教嫌い
せめてお焼香に想いを乗せるしかなかった
今もお線香が、父との唯一のアクセス法。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈インサエイ・福岡県・43才・女性〉からの投稿

お坊さんも牧師さんもいないお葬式は、あっという間に終わってしまいます。そこで母が「せめてお線香だけでもいただきましょう」と提案。その数十秒から数分の時間、お一人お一人が遺影を見つめたり棺に手を置いたり語りかけたり。宗教的な形式がないことで、むしろおもいおもいに父と向き合い、語りかけ、お別れを言ってくださっている姿が遺族にとって、何よりの慰めになりました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ