やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[感謝]の想い 女性 40歳代

【第15次応募作品】

線香の香りがすると甦る、幼き頃
法事に集う親族の笑顔や賑わいかくれんぼ
紡いでくれた命、心温まる記憶をありがとう

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈香雪 溯那・京都府・43才・女性〉からの投稿

昔から法事が好きでした。法要が終わると、線香の香りが漂う中で、親戚の皆が色んな話をしながら楽しく過ごしていた。その傍らで子ども達は子ども同士遊んでいた。よくある光景ではあるが、そこに長きにわたり、紡がれてきた命の営みとささやかな幸せ。その基礎にあるご先祖様に感謝があふれる。香りが呼び起こす、幸せの1ページです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ