やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第15次応募作品】

お線香を焚いてから、じいちゃんと呼ぶ
手を合わせてから、きょうの出来事を語る
煙の中に自分の生きる軸をそっと確かめる

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈じゅんこ・埼玉県・61才・女性〉からの投稿

温かい思いやりのある父でした。お線香をあげるのは、仏様の供養と自分を心を清めるためだよと教えてくれて、小さい頃から一緒に手を合わせました。日々のあわただしい暮らしの中で仏壇にお線香をあげる時間は、これでよかったかなと父と話す時間でもあります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ