やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 女性 60歳以上

【第16次応募作品】

青春の中の君 人生半世紀以上生きた大人
理解出来ないね でも大人ってちっぽけ
だから 君が 嫌がるほど 心配するんだよ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ぽぷり・岡山県・60才・女性〉からの投稿

思春期の頃、言葉も前より少なくなり、信じているはずのに つい、子にとっては、うっとうしいと思うコト、言っている自分。昔、両親に対してそうだったように!大人・親って、同じ繰り返しの思いあり。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ