やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[飼い猫]の想い 男性 40歳代

【第16次応募作品】

もういいんだよ、と坂を下った飼い猫へ
私は鼻歌唄い、目が覚めたなら固くなってた
それから十年線香あげる、雪が解けるまで

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈小篠 真琴・北海道・42才・男性〉からの投稿

病気で苦しんでいた飼い猫に、何気なく本を読みながら「もういいんだよ」と言ってしまいました。そしたら翌朝、目が覚めたら死んでいました。動物が人間の言葉を理解していると分かった実際の体験です。それから何年たっても、申し訳ないことをしたと思っています。生きようと頑張っている者に、軽々しく命を諦めさせる言葉をかけてしまいました。十年、いやこれからも自分の納得いくまで線香を捧げたいと思います。僕の罪滅ぼしです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ