やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第16次応募作品】

じいちゃんが亡くなって初めて気づいた。
じいちゃんのすごさを、存在の大きさを。
私もそんな大人になれるように頑張るね。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈りむ・埼玉県・19才・女性〉からの投稿

私の祖父はパーキンソン病で私が物心ついたときからずっと寝たきり状態でした。そのため、あまり関わらず、私にとって祖父はあまり影響力のない人間でした。ですが、葬式になってみると喪主の父の背中が小さく見え、祖母は体調を崩し、祖父の存在の大きさに気づきました。よくよく思い出してみると、小さい頃握った祖父の手は私が中学生になっても同じ骨と皮の感触で病院の匂いのする手で、この体で闘病生活を十年以上していたんだと思うと祖父のすごさを感じました。そんな祖父には私が大人になった姿を見てもらえなかったけど、きっと天国から立派になった姿を見てもらえると信じて日々精進していきたいなと思っています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ