やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 30歳代

【第8次応募作品】

朝顔のように 素敵な笑顔で おはよう
太陽のように 明るい気持ちで こんにちは
明日も元気にと おやすみと 心を込めて

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈地理屋さん・大阪府・31才・男性〉からの投稿

郷里を離れ、都会(大阪の地)で生活、働いている私。時折、父からメールが届く。母は携帯を持っていないので、父に言葉を託している。元気かのひとことが、大きな励みになった。会えないけど、最初のあいさつに心を込めて、送りたい。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ