やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[子どもへ]の想い 女性 50歳代

【第8次応募作品】

産声から、あなたの眼差しを授かりました。
あなたを抱いた重さを覚えているよ。
思い出の写真 乳の匂いがする。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈岳藤のぞ夢・北海道・53才・女性〉からの投稿

4人の子供を 授かりました! 長女は 早産になりかけて、9ヶ月で、案じて入院 年子の長男は、へその緒が、長く案じて帝王切開そして平成2年!長女と7と七才違いの次女が、誕生しました。 色々あり上の子二人は、私のもとを離れ父の新たな家庭の家族に、なりました。 それで良いと考えました。 私の父は幼い頃に、亡くなりました 父と疎遠には、させたくなかった。次女が小学1年生のとき再婚 ひと粒タネの王子は、大雪の日に、未熟児で、生まれました。 遅れましたが!次女は病院の意向で計画分娩で、この世に、導かれました。 子宝を 授かる痛み 功徳なり      

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ