やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[親族へ]の想い 女性 ~20歳代

【第16次応募作品】

顔や声は覚えていませんが
さいごに一緒に食べたビビンバは
一生忘れないと思います

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈川口・東京都・23才・女性〉からの投稿

祖母の姉が亡くなって10年ほど経ちました。毎年お盆で帰省してお線香をあげる度にあの石焼ビビンバ美味しかったなあ、と思い出します。もし生き返ったらまた一緒に食べたいです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ