やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第8次応募作品】

いろんなところへ連れていてくれたね。
本当に楽しかったなぁ〜。
楽しい思いで、ありがとう、おじいちゃん。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈kura-chan・神奈川県・23才・女性〉からの投稿

祖父が生きている間、夏休みやゴールデンウィークなど、長い休暇は、いろんなところへ連れていてくれたことを思い出します。それに、以前はパイロットとして、活躍したことがあり、旅行中、騙ってくれたこともあります。あと、神社の近くに公園があるから、“神社公園”と呼んで、遊んでくれたことも思い出します。その“公園”内で自転車に乗って、回ったこともあります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ