やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 男性 60歳以上

【第17次応募作品】

あの故郷の山の村を覚えています
2人で一生懸命に私を育ててくれた家も
線香の煙の文字でその苦労を聞かせてね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈一茶・東京都・67才・男性〉からの投稿

長野県の山奥の村で育ちました。もう60年以上も前のことです。その小さな村に医師は父一人。診療所の仕事は苦労が多かったことでしょう。父の仕事を手伝い、子育ても忙しかった母も苦労したことでしょう。そんな苦労話は何も言わないで2人は亡くなってしまいました。今でもあの故郷の村や家を思い出すたびに、若い頃の2人がどう生きていたのかを聞いてあげたい気持ちになります。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ