やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


選考委員賞受賞作品

[ペット]の想い 男性 30歳代

【第17次応募作品】

玄関を開けて、ただいまと言った。
いつもの甘えた声は返ってこなくて
そっか、もう三日経つんだと思い出した。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 次の作品へ

〈ダックス大好き・大阪府・33才・男性〉からの投稿

飼っていた犬が亡くなっても、暫くはずっと仕事から帰ってくる度に犬の名前を無意識に呼んでいました。買い物に行っても、もうおやつは買わなくていいと思っていましたが、名前を呼ぶことだけは忘れることが出来ませんでしだ。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ