やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第17次応募作品】

お友達の送ってくれたお線香。
毎朝あげて、母と話します。
長い間、本当にお世話になりました。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈森下 みち・兵庫県・69才・女性〉からの投稿

母を昨年11月に亡くしました。95歳でした。我が家は会社をやっていて、母の父が始めました。祖父には娘が5人。母が長女です。父は養子で高知で教師をやっていた人です。母も途中から経理をしだし、父も母も忙しかったです。私が海外に行きたいというと、支えてくれたり、何かしたいというと、いつも支えてくれました。優しく大きな母でした・・・

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ