やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[友へ]の想い 男性 60歳以上

【第18次応募作品】

親友を亡くした私に奥さんは
寂しさないと答える電話
遺影と話せる今こそ大事

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈頑張るピンちゃん・千葉県・78才・男性〉からの投稿

親友がなくなった知らせを聞いて、さぞかし彼の奥さんは悲嘆に暮れているだろうと思い、慰めの電話をかけたところ、「いえ、寂しくなんかありません。仕事が忙しくてゆっくり話もできなかった過去のことを考えると、今遺影の前であれこれと会話ができますので、とても充実しています。今のこの時間を大切にしたいと思います」という返事だった。とても感銘を受けた話だったので投稿しました。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ