やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[夫へ・妻へ]の想い 男性 30歳代

【第18次応募作品】

君がいつも僕のために愛をくれるから
君のために出来る事を考えている
こんな風に思える当たり前が、倖せなんだね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈一本槍 満・茨城県・36才・男性〉からの投稿

最近では離婚をする夫婦も多かったり、当たり前の愛に満足できない人も多いのでしょうか?いつも自分を大切に思い、その人を思える。2人で同じ道を歩ける心強さ。この日常が僕の宝物です。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ