やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[夫へ・妻へ]の想い 男性 50歳代

【第18次応募作品】

水引きを弄んでる小さな手
蛍を載せてたなびく香り
あなたと同じえくぼが滲む

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈山水雷人・静岡県・55才・男性〉からの投稿

まだ若い配偶者を亡くした友人の言葉から作りました。「未来を全て失ったと思ったけれど、生まれた孫の中に配偶者との共通点を見つけて生きがいが残っていたことに気づいた」

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ