やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 60歳以上

【第18次応募作品】

ゴロゴロガッシャーンのかみなりさん
落雷した桜を思い出す
母とお線香をあげるとこわくなくなった

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈はなちゃん・大阪府・64才・女性〉からの投稿

夕立がくると落雷した時のことを思い出す。振動で大きな音がして揺れて窓の外をみると真っ二つわれた木から白煙と炎がでてましたが、母は、抱きしめてくれてよかった。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ